FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1273回 ハワイに来ています

  とんでもなく暑かった日曜日の夕方に自宅を車で出発し成田空港へ。シャトルパーキングに車を停めて、ターミナル2のJALのカウンターで手続き。

 行先はタイではなくハワイです。sakuraラウンジでしばらく時間をつぶして、定刻通りに搭乗。ビジネスクラスの機内は、ほぼ満席。驚きです。

 ビーフの食事をして、映画を見てすぐに寝る態勢へ。ハワイはバンコク同様に好きなのですが、この初日の夜行便が大の苦手。それでも飛行時間7時間のうち、3時間ぐらいトロトロ寝て、ついにハワイ到着。

 空港からはこのところいつも利用しているロバーツハワイというシャトルサービスで、ハワイでよく利用しているワイキキバニヤンというコンドミニアムへ。

 管理会社からの事前のメールで、部屋に入れるのは4時と言われていたのですが、管理会社のオフイスに行ってみたら、もうすでに部屋の準備はできているということで、朝の10時半に無事入室。

 すぐに部屋の写真を撮影し、衣類を整理し、2時間ほど朝寝。起きたらハワイ時間の正午すぎだったので昼食へ行き、さっき帰ってきたところです。

タイランドハイパーリンクすより

 初めてバンコクに行ったときに宿泊したホテルがラチャダーのエメラルドホテル。事前に評判を調べて、中心街より少し離れているけど、その分宿泊費も安く済む、という評価を読んで選択。

 泊まってみると、ファイクワーン駅まで300mぐらいで、ホテルそのものも格調高く、「1泊5000円前後でこんなに良いホテルに泊まれるんだ」とカルチャーショックを受けました。
 
 翌日、ホテル周辺を恐る恐る歩き回ってみると、何だか自分が宿泊しているホテルよりも立派そうな建物がいっぱい建っていることに気が付きました。

 どうやらそれらがマッサージパーラーと呼ばれる男性諸氏の社交場?だったようで、「まあすごいものを作るもんだな」とある意味感動。

 しかし軍政になって、こういった場所ではいかがわしいことが行われていたり、違法就労者がいるということで次々と閉店。というわけでようやく本題。

 かつて「シーザー」として人気を集めていた店が、今後は「イビススタイル バンコクラチャダー」に生まれ変わるという記事が出ています。

 記事によれば駅にも近く、1泊が5000円程度とか。それなら結構利用価値が大きいかもしれないなと感じますが、逆に駅に近くて新築なのに安すぎるという気もします。


 

第826回 ホノルル空港のラウンジからです

 ハワイからの帰国日です。ホノルル空港のチャイナエアラインのラウンジでこれを書いています。今回の旅行は7泊9日です。目的は自分の体力が旅行に耐えらえるまでに回復したかを確認すること主目的でした。

 結論から言うと、まだちょっとあぶっかしいところがあるという残念な結果です。理由は自分の健康管理が悪かったのですが、行きの成田空港行きのリムジンバスで激しくせき込んでいる乗客がいて、「こりゃまずいな」慌ててマスク。

 当然ながら風邪には潜伏期間がありますから、ハワイ到着後の4日目ぐらいから喉に異変を感じ始めました。ハワイ到着後もうがいや風邪薬を服用すればよかったのでは後悔しましたが、今回は計画から出発までの期間が短ったため、これらの準備を怠っていました。

 まあ症状は典型的な風邪症状でしたので、水分をとって寝るだけだと判断。期せずして、何もしないハワイを実践することになりました。

 というわけで、まあ外的な要因があったとはいえ、まだまだ海外旅行には不安が残るなという印象です。実際風邪をひいてのどの痛みがピークに達したころは、ふらつきといったくも膜下出血後の後遺障害の程度も激しくなり、バスへの乗り降りが危険だなと感じました。

 幸いなことに、バンコク同様町の地理的感覚や人々の気質には慣れていますので、心配でどうにもならないという気持ちにはなりませんでしたが、行動に支障が出たことは確かです。

 というわけで、まあ無事に帰国日にたどり着きましたから、それはそれで旅行は成功と言えるのかもしれませんが、まだまだ不安は残るなという感じです。

 ちなみに他のブログにも書きましたが、滞在中タイレストランを訪問。野菜炒めを食べましたが、やはりおいしかったです。食器を下げるお姉さんに向かってひとことだけ「アロイ」と告げると、タイ人特有の微笑みが帰ってきて、それだけで親近感が増した気がしました。

 というわけで、体力の状況を見て次はバンコクということを考えています。当初は11月初旬を考えていましたが、今回の旅行で他にも考えるところもあり、ちょっと時期は流動的です。