FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1223回 予定外のハプニングが多く、疲れました

  羽田空港のANAラウンジからです。

 目覚ましは5時半にかけていたのですが、5時には目が覚めました。小学生の遠足と同じ心境ですね。急いで身支度を整えて階下のリビングへ。

 荷物の最終チェックをして、今日は可燃物のゴミ収集日なので、ごみを集めて集積場へ。外へ出ると結構涼しい。コートにしようかなと一瞬迷いましたが、空模様を見ると暖かくなりそう。

 というわけで、予定通りシャツにベスト、夏用の薄手のブルゾンを着て準備万端。ところが時間的に余裕がありすぎるなと思ってちょっとのんびりして最寄り駅までのタクシーを依頼したら、配車に15分ぐらいかかるという予想外の返事。

 それだと最寄駅からのバスに間に合いません。というわけで急遽息子をたたき起こして駅まで送迎。ところが慌てて飛び出したせいかバスに乗り込んでテーブルに置いたスマホを忘れてことに気が付きがっくり。

 ただ帰宅した息子がそのことに気が付いて再びスマホをもって届けてくれ助かりました。バスに定刻通り乗り込みましたが、冷や冷やもんの出発です。

 さらに乗車後運転手さんから「高速で事故があったのでルートを変更します」というアナウンスもあり、何だか幸先よくないなとがっくり。

 というわけで、予定より30分ほど遅れて無事羽田空港到着。ここからはビジネスクラスだから早いぞと思ったら、ANAカウンター入り口のお姉さんが私の貧相な?服装を見たのか、エコノミークラスに案内。

 しかもすでにウエブチェックインを終了しているのに、通常の列に案内され、ちょっと怒り。ウエブチェックイン済みのチケットを見せたのにこの扱いはないだろうと思いましたが、まあ忙しかったんだろうと我慢。

 手続きそのものは5分で終了。今度はポケットwifiの受け取り。ところが案内図が悪く場所が分かりにくい。ようやく受け取って出国審査。

 手荷物検査は問題なく終了。出国手続きもパスポートをしかるべき場所にかざすだけ。ついでに出国のスタンプも押してもらい、ようやく出発ロビーに到着。

 大手を振ってANAのラウンジに行ってみると大混雑。かろうじて窓側の席を確保して、今は外を見ながらお稲荷さんと焼きそばで朝食。

 降圧剤を服用。と思ったらあと15分ぐらいで搭乗時間。何だかあわただしい出発で先が思いやられます。

 

 

第1142回 成田空港からです

  成田空港の搭乗ゲート前に来ています。今日は5時15分に目覚ましをかけましたが、目が覚めたら5時5分でした。急いで身支度をしてタクシーを呼んで最寄り駅のリムジンバス乗り場へ。

 外はまだ薄暗く星の明かりが良く見えていましたが、バス停で待っているうちに少しずつ瞬きが消えていきます。出発時間の5分前にバスが到着。スーツケースを預けて乗り込み左側の座席に着席。

 しかし前のほうの席で、頻繁に咳をしている人がいて、マスクも着用していません。というわけで慌てて手荷物からマスクを取り出し着用。さらに座席も少し奥の方に移動しました。

 バスは順調に走っていましたが、外環道に入ってしばらく走ったら大渋滞。なんか事故でも起きたのかなと思いましたが自然渋滞でした。

 三郷近くになってようやく渋滞が解消。バスはここを直進し新しくできた道を突っ走り東関東自動車道に直結。小菅方面の渋滞は避けられるようになったようで、一時は30分ぐらい遅れるかと気持ちが焦りましたが、結局定刻に到着。

 すぐにJALのゲートでチェックイン。搭乗券は印刷してあったので、スーツケースを預けるだけで通過、ここでちょっとレストラン街で朝食。朝食時に着込んでいたベストを手荷物に収納。

 手荷物検査もガラガラですぐに通過。しかしボディチェックでひっかかりました。原因はズボンのポケットに忍ばせていた歩数計。その先の出国審査は日本人の場合パスポートを機械にかざすだけになり、10秒ほどで通過。

 あっという間に出発ロビーに出て、離陸時間までまだ1時間ちょっと。トイレに入って用を足して、防寒用に着込んでいた股引を手荷物に収納。身軽になって搭乗ゲートへ。

 適当な椅子に座ってこのブログの更新作業を始めたらアナウンスがあって、「今日は気流が悪くて揺れるのでトイレをあらかじめ済ませておいて」と言われ、「揺れるのかあ」とちょっとがっくり。

 というわけでそろそろ搭乗時間なので最後にトイレに行ってこようと思います。