FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第965回 ドンムアン空港からバンコク市街、シラチャー、パタヤ経由の高速鉄道

 暖かいですねえ、というより昼間は「暑い!」と感じる気温です。今日は朝方実家の母親が、気温変動が激しいせいか体調が悪いと言ってきたので、いつもの診療所まで先ほど送迎をしてきました。

 すでに90歳近い年齢で、1年の内半分ぐらいは何らかの体調不良を訴えるようになり、いずれは我が身もと、その症状を見ながら心配しています。

 当然ながら、日常生活では、外へ出歩くのが「息切れがしてしんどい」と言って、半径30mぐらいの範囲の移動しかしていません。昨年一緒に1泊だけ温泉旅行に行ったのですが、旅館入り口から部屋までの距離も長く感じられたようで、本人も予想以上の足の衰えにがっくりしたようです。

 幸いに認知症等の症状がないので助かっていますが、そういった姿を見ながら、やはり旅行好きなら、少々無理してでも元気なうちにあちこち行かないと、あとで後悔しそうだという思いとともに、やがて介護の問題も出てくると思われるので、私自身も次の旅行はいつ行けるかと悩ましいです。

newsclip.beより

 タイ軍政はドンムアン空港からパヤタイ駅(21km)、スワンナプーム空港からウタパオ空港(170km)を結ぶ高速鉄道の建設計画を承認したそうです。

 前者の鉄道の最高速は160km、後者が250kmだそうで、新幹線並みです。またスワンナプーム~ウタパオ間は途中にシラチャーやパタヤ駅ができるそうですから利便性は高そうです。

 しかし開業は2023年の予定だそうなので、5年後。その頃果たして私自身バンコク・パタヤに遊びに行く体力と気力があるかどうか。ぎりぎりだなという気もします。

 一方パヤタイ~スワンナプーム空港間のBTSですが、故障が頻発しているようですが、原因について当局からのコメントはないようで、不信感が募ります。

 今回私がバンコク滞在をしているときも、何やらホームが大混雑しているときがあり、遅延に関するお詫び?のようなアナウンスは流れていましたが、原因や復旧のめどについては良く分からず、予定が詰まっている旅行としては不安になります。

 特にスワンナプーム空港でのチェックイン時刻が迫っていると、「間に合うのか?」という心配もあるわけですが、語学が不安だと鉄道の係員に問いかけるのも勇気がいります。

 実際に自分がそういった場面に遭遇したら、ARLは諦めて、タクシーを探すことになると思いますが、そうなると当然足元を見て、料金は500B以上を吹っかけてくることも予想でき、高速鉄道もいいけどARLをしっかり運行してくれと言いたくなります。
  
 

第840回 ドンムアン空港でタイ人用自動化ゲートがトラブル

 前回金曜日にブログを更新後、車で湘南平塚、小田原、真鶴方面をドライブしてきました。行きは予想外の事故渋滞に遭遇し思ったより時間がかかりましたが、昼ちょっと前に小田原の早川港に到着。

 漁港食堂で刺身定食。魚が新鮮でおいしかったです。平日なのに店は大混雑でした。その後真鶴半島の三ツ石に行き、半島先端から海を眺めて休憩。

 帰りに小田原の鈴廣本店で土産を購入という行程でした。やはり海はいいなあと感じますね。その意味では、バンコクよりもシラチャーやパタヤのほうがのんびりできそうだと思えるので、次回は何とかシラチャーの街を探訪したいなと思っています。

newsclip.beより

 ドンムアン空港で出入国のタイ人用自動化ゲートが故障し、出入国審査待ちの行列ができたそうです。ゲートの故障は、日ごろのメンテナンスの問題だろうとは思いますが、こういったトラブルが起きた時に、臨機応変に処理する体制がバンコクでは未熟なように感じます。

 日本なら、他のゲートにすぐに余っている人員を配置すると思うのですが、この日は故障にもかかわらず、入国審査のカウンターは二か所しか開いていなかったそうです。

 どうも空港の運営をしている会社の体制に問題があるのではという気もするのですが、今のところ今回の件に対しても空港当局からの説明はなかったそうです。

バンコクポストより

 出発ロビーでチェックインまで待ち時間があり、その際トイレに行きたいと思った時、スーツケースの類はどうされているでしょうか?

 二人以上の旅行なら、相方に荷物番をお願いすることもできますが、一人旅だとちょっと面倒。私はしょうがないので、トイレ内の手洗い場あたりの目立つところにおいて、それを見ながら用を足しています。

 しかし荷物が多いと大きなキャリーにスーツケースを積み上げて、トイレ入り口付近に置いておくことがあると思います。この荷物をさりげなく盗んだとして、このほどオーストラリア人が逮捕されました。

 この男は、オーストラリアとタイを何回も往復しているということのようなので、確信犯かなと思われます。荷物を持ってチェックインをしてしまえば、その荷物は自動的の男のものと判断されますから、トイレの間も油断できません。