FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1248回 チェンマイ観光はソンテウ利用が便利そう

  今日は朝から青空が広がって良い天気。気温も春らしく暖かい。朝食後に市民農園に行って、植えたばかりの野菜苗に水をやって、今帰宅したところです。

 今日のバンコクの大気汚染指数は、市街地のほとんどで90以下。シラチャーやラヨーンも同様で問題なさそう。しかし北部チェンマイ方面は150~200という数値が並んでいます。

 一時期より良くなったなと感じますが、気管支の弱い私としては旅行に行く勇気が出ない数値です。

 昨日このブログを更新後、いつものようにバンコク同様に好きなハワイ関連のニュースを見ていたら、なんとANAが5/29以降のチケット購入で、8/19以降の国際線エコノミークラスの窓側、通路側、非常口横の座席指定をする場合、これを有料化するという方針に変更という記事を発見。

 有料化は座席の場所によって1500~4500円になる予定です。このニュースはnewsclip.beにも出ていますが、今後サーチャージの値上げも予定されているようですから、利用者にとっては頭の痛い問題となりそう。

 ただし3列席の中央はこの料金の徴収は無し。また機体後部のエコノミー席も徴収はなさそうなので、今後は後部席の窓側、通路側の争奪戦が激しくなりそうです。

 さて相変わらずチェンマイについて調べています。宿泊に良さそうな場所は旧市街区内、もしくはその門の近くということが分かりました。

 次に考えたのが、実際にチェンマイの市街を動き回るときに必要な交通網の知識。私の場合、バンコクではBTSやMRT、場合によってはチャオプラヤエクスプレスを使うことが多いです。

 パタヤの場合は、基本的にソンテウですが、郊外に出かけるときはホテルでタクシーを依頼するという形が定着。しかしちょっと調べた限り、チェンマイには庶民の足になる鉄道はなさそう。

 さらにパタヤのソンテウにみられるような、一定地域をぐるぐる回るような巡回ソンテウもないみたいです。しかし1辺1.5㎞の四角い旧市街ですから、端から端まで往復すれば3kmとなり、さすがにそれは避けたい。

 調べてみると、チェンマイ市街には乗り合いソンテウ、チャーターソンテウ、郊外に向かうソンテウという三種類があるみたいですね。

 またこれらのソンテウは車体の色分けがあるみたいで、市街を動き回る場合は赤、郊外に向かう場合は黄色やオレンジ、青、白、緑、赤紫となるみたいで、ネットには路線情報も出ています。

 しかし初めてチェンマイに行く場合、私だったら郊外の観光はオプショナルツアーで回ると思いますので、とりあえずこれらは後回し。

 まずは赤のソンテウの乗りこなしになるかなと思います。


 

第1247回 チェンマイで宿泊するなら、どのあたりがベスト?

  朝から良い天気で、朝食後市民農園に行ってキューリの苗を植えて、今戻ってきたところです。周辺では多数の方が似たような作業をしていました。

 今日のバンコク、シラチャー、ラヨーンの大気汚染状況ですが、おおむね良好で100以下の数値が並んでいます。ただチェンマイ方面は相変わらず高い数値が続いています。

newsclip.beより

 上に書いたように北部の大気汚染が深刻です。原因は連日の40度を超える猛暑による山火事の発生が指摘されています。特にチェンライの山火事がひどいようです。

 この地方への旅行は大気汚染と暑さ対策が必須です。記事には激しい山火事の画像も掲載されています。それにしてもそこで暮らしている人は相当大変だろうなという気がします。

 4月に入って各航空会社のサーチャージがかなり値下がりしましたが、一方でガソリンスタンドに行くと価格がじわじわ上昇しているなと感じていました。

 というわけで、JALは6月からのサーチャージ、現在片道3000円を4500円に値上げするそうです。往復で3000円の値上げです。

 さて新たに購入した書籍とネットの情報を駆使してチェンマイという街の様子を感じようと努力しています。調べ始めたころに比べると、少しずつ知識も増えてきました。

 どうやらチェンマイという街には、主に滞在に値する場所が三か所あるようです。一か所目が旧市街と呼ばれている四角く囲まれたお濠の中。

 ちなみにこの四角形の一片の長さは、グーグルマップで見ると1.5㎞ぐらいありそう。毎日フラフラ彷徨っても、あちこちのお寺や観光名所を見学するには、少なくても3日間ぐらいかかりそう。

 またこの旧市街の北西に「ニマーンヘーミン」と呼ばれる地区があって、ここがチェンマイの中心街のような雰囲気。規模は全く違うでしょうが、バンコクで言えばサイアム近辺?

 買い物やグルメを楽しむならこの地区ということかなと感じます。またここからさらに西北西に足を伸ばせば、チェンマイ動物園や有名なドイステープ寺院にも行けそう。

 三か所目が旧市街の東側。東側には川が流れているみたいですが、その川と旧市街の間。旧市街からは1km弱で、主な観光がナイトバザール。

 城壁の東側、有名なターペー門から散歩気分で頑張れば歩いて行けそう。ここでお土産を買うという選択肢もありそうですが、わざわざこの周辺に宿泊する必要もなさそうです。

 というわけで、今日調べた範囲の結論。チェンマイで宿泊するなら、やはり第一希望は旧市街内部。もしくは旧市街にすぐ入れるような門の近く、というのが良さそう。

 チェンマイという街に慣れたら、ニマーンヘーミン地区もいいかなとは感じます。