一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第981回 パタヤでソンテウを利用する方法

  朝から良い天気で、先ほど朝のウォーキングから帰ってきました。帰宅して早速洗濯。一一息ついて、バンコクでお土産に買ってきた「アールグレイ」のティーバッグの紅茶を飲んでいますが、味はそれ程大したことがなくちょっとがっかりです。

newsclip.beより

 18日から19日未明にかけて、ソイカウボーイで不良外国人の取り締まりがあったそうで、64人が逮捕されました。日本人は記事を読む限り含まれていないみたいです。しかし夜の飲み歩きはパスポートが必携かも。

 一方掲載された写真をみると、取り締まる側の警察官に笑顔が見えます。なんだか和やかな雰囲気だなと感じました。

 さてパタヤに行ったら昼間に何をするかという昨日の記事の続きです。パタヤでどこかに観光に行きたいと思った時、個人旅行で苦労するのがその交通手段です。

 パタヤではセカンドロード、ビーチロード、そしてソイブッカオを多数のソンテウが走っているので、これを利用すればよいわけですが、最初はその利用方法に戸惑いますね。

 パタヤ市街の移動なら料金は10Bで格安ですが、小心者の私が初めて利用したときはやはり勇気がいりました。ソンテウ利用に慣れるなら、先ずはビーチロードに出て、海側とは反対側の歩道に立っていれば、客を探しているソンテウがその姿を見て近づいてきます。

 また警笛を「プアプア」と鳴らして走っているソンテウも、客を乗せようとしています。手を上げたり、ソンテウに近づくように足を踏み出せば、だいたいすぐそばに止まりますので、特別な行き先でなければ、そのまま後ろに回って荷台に乗車。

 椅子席が満席の場合もありますが、その場合は一番後ろで立つことになります。背中部分に落ちないようにバーがありますので、危険はなさそう。

 ただ女性やシニアの場合は、すでに乗り込んでいる人たちが席を詰めたり、立ち上がって席を譲ってくれることも多いようです。

 乗り込んだらあとは目的地近辺に着くまで待つだけですが、後ろに立った場合は、走っているときに落ちないように注意しさえすれば、走っているときの感覚は風えが当たって意外に爽快です。

 目的地に近づいたら、あたりを見回してブザーを探し、10~30mぐらい手前でこれを鳴らせば、すぐに左側に止まってくれます。そのまま頭をぶつけないように降車し、助手席側の窓から、助手または運転手さんに10Bを渡せば終了。

 一度体験すれば「こりゃ便利だ」と思えるはずです。ただし周回ルートだと思ってビーチロードで乗車した車が、突然ルートを変えて左折なんてことは良くあります。

 まあすぐに降りれば問題ないのですが、目的地の数百m手前で降りざるを得ないこともあり、ちょっと不満に思うこともあります。しかしこの辺りはタイらしいなと思って笑って過ごすしかないなと思っています。

 というわけで、このルートの利用に慣れれば、北のイルカの像からビーチロードを下ってウォーキングストリート前に出て、そこを左折してセカンドロードに出て左折し、セカンドロードを北上するという、パタヤ市街の基本的周回ルートを制覇したことになります。

 

 

第968回 ロングステイ希望者の向かう先

 今日も穏やかな天気みたいですね。先ほど朝食を終え、朝のごみ捨てを行い一段落。今日は冬の間リビングに敷いてあったカーペットの類を片付けようかなと思っています。

newsclip.beより

 ロングステイ財団が毎年実施している、ロングステイ希望国の調査結果が発表されました。第一位は例年通りマレーシアで二位がタイ、三位がハワイだそうです。

 以下台湾、フィリピンと続くようですが、だとすれば私は今回の旅行でマレーシアも訪問したので、上位三地域のすべてを訪問していることになり、そうであるなら次は台湾、そしてフィリピンにも行ってみたいなと思えます。

 マレーシアは連続で一位を獲得していますが、その理由は長期滞在ビザ制度、気候、治安、医療水準ということです。今回訪問してみて分かりましたが、やはり英語が通じるというメリットも大きいなと感じます。

 私の印象の第一位はハワイですが、物価が高騰しているので中長期滞在は厳しくなりつつあるなと思っています。第二位はタイ。人と人が視線を交わすとき、タイの場合はニコっとすることが多いので、例え言葉が通じなくても気持ちは落ち着きます。

 マレーシアは、ほんの5日間の滞在で、まだその良さを理解していないかもしれません。ただ宗教や人種の問題が複雑そうで、何となくとっつきにくいという印象を持ちました。

 それでも何回か通って、現地の店に顔見知りができるようになれば、その印象も変わるのかもしれません。結局人の印象は、滞在先で出会った人とのコミュニケーションによって大きく変わりますね。

 これは毎回足しげく通うバンコクのゴーゴーでも良く感じることです。通りを歩いていてたまたま呼び込みの子と視線が合い、その子が好みの子だったりすると、そのままフラフラと店内へ、なんていうのは良くあることです。

 ところが呼び込みの子は呼び込みという仕事に特化した容姿端麗の子で、店内に入って予想と違ってびっくりというのも良くあります。一方店内に入ったら、大勢のダンサーとお客さんがいて、きらびやかで明るい雰囲気だったなんてことも往々にしてあります。

 そうなると「この店は素晴らしい」という印象を持つことになりますが、そう思って1年~5年という長期間に渡って店を眺めていると、その栄枯盛衰は明らかで、好不調の波が大きいんだなということを強く感じます。

 店そのものの好不調ももちろんですが、中で働いている子たちもなかなか長期間働き続けることは難しいようで、良い子がいたと思っても、数か月後の訪問では全く姿が見えないという経験を何回もしてきました。ともかく入れ替わりが激しい業界だなと感じています。
 
 というわけで結論は特にないのですが、ネットの情報はある程度参考になりますが、最後は実際に行ってみて自分で判断するしかないというのが、最近の私の感覚です。

 ただその時、ママさんやウェイトレスさんに顔見知りがいると、店にも入りやすいです。さらに言えば、たまに?こういった人たちに飲み物を驕ったりすると、印象も良くなるようです。(というか相手は単なる金づるだと思っているだけかもしれませんが)