FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1376回 ロッブリーで湖上を走る観光列車を運行

  台風19号の接近に伴い、昨日は数日分の食料を買い込み、ついでにカインズホームで窓ガラスの補強テープを探したのですが、売り切れてしまったのか見当たりませんでした。

 さらにその近くで販売されていたブルーシートのコーナーも空間が目立ちました。皆さんかなり意識しているなと思いながら帰宅。その後狭い庭の整理。

 今日の午前中は狭い庭で順調に育って妙に大きくなってしまった夏みかんの木の枝の選定作業。さらに自転車にブルーシートを掛けて四方に重しを乗せて一段落。

 部屋に入って改めて台風情報を確認すると中心の気圧が915hpaから925hpaと若干衰退。進路図を見るとほんの少しですが東にずれた感じ。

 埼玉県をかすめる感じですが、その分前回被害を受けた千葉の館山方面はまたしても直撃。屋根のブルーシートの補修が追い付かないと悲鳴が上がっていましたが、大変な事態です。

 今回の台風はその勢力が世界的にも注目されているようで、当然ながら被害がどのくらい出るのかという事も関心を持たれているのだと思います。

 日本はアジア圏では災害に対する意識も高い国で、地震や台風といった気象災害でも他国ほど大きな被害は出ないように思えますが、それも想定内の台風だった場合で、今回はどうなるかさっぱり分かりません。

 土曜日は家の中で1日中、亀のように首をすくめて過ごすことになりそうだなと思っています。

newsclip.beより

 次回のバンコク旅行では日帰りでロッブリー方面に行くのも面白そうだなと思っているのですが、そのロッブリーで週末にダム湖上を走る観光列車が運行されるとか。

 日程は11/16から1月までの週末土日。7時10分にフワランポーン駅を出発し11時半に到着。ちょっと時間がかかりすぎだろうという気もします。

 午後3時半に帰路につき、6時半に戻るという行程みたいですが、往復の時間が長すぎますね。それでも鉄道好きは乗りたいと思うのではないでしょうか。

 グーグルマップで地図を検索したら以下の図が表示されました。確かにダム近くを鉄道が走っています。



 しかしこの鉄道はどうやらアユタヤあたりでチェンマイ方面に行く本線と別れるみたいで、だから時間がかかるんだと納得です。


 

第1375回 バンコク市街でも見学したい場所が多数

  台風19号は徐々に接近中。昨日は借りている市民農園の畑で作っているナスやブロッコリーに支柱を追加。帰りがけにガソリン補給。

 今日は朝から洗濯。この後は狭い庭に散乱している飛んでいきそうなものの片づけ。さらにスマホの充電。午後は食料の買い出しかなと思っています。

 ヤフーニュースを見ると、今回の台風は日本に接近中でも勢力があまり衰えないと書かれていますので、カインズホームに行って窓ガラスの補強テープを探す必要もあるなと感じています。

 先日借りてきた「地球の歩き方 タイ」を、あらためて第1ページから見て、気になる場所をピックアップしています。このピックアップ箇所が、バンコク周辺で多く見つかれば、次回はチェンマイなしでバンコクにのんびり滞在という事も考えています。

 このあたりの計画は結構いい加減というか臨機応変。タイの大気汚染指数によっても変わりそうだなと思っていますが、今日のバンコク市街の汚染指数は100前後。ちょっと悪化している感じです。

 シラチャーも124でラヨーン方面も90前後。チェンマイも100近い値が出ています。まあちょっとでも雨が降ればこの値はすぐに変化すると思われますが、注意するに越したことはありません。

 ちなみにプーケットは、なんと今日は9という数値で、数字だけ見ても爽やかそうに感じられます。

 というわけでバンコク市街の観光地ですが、もうすでにほとんどの場所に行ったと思っているのですが、もう1回行きたい場所も含めると、やはりまだまだ見どころは多い。

 まずはやはり王宮。過去2回行きましたが、観光客の多さときらびやかさに圧倒され、なんとなく1周して終わってしまった感じです。

 もっともっと建物そのものや壁画、仏像といったものに関心を持てばよかったなと後悔している部分もあるので、ここは再度じっくり歩いてみたい。

 またワットポーも寝姿の巨大な釈迦仏ばかりに注目してしまい、本堂をゆっくり見学した記憶がありません。これはワットアルンも同様。私は仏塔に上ってそこからの景色に有頂天になっていましたが、裏手にある御堂は見学した記憶がありません。

 またこの王宮周辺の寺でまだ訪れたことがないお寺もいくつかあるようで、それらも一つ一つ確認したい。まあ一種の巡礼みたいな心境でしょうか。

 さらに中国の秦王朝の展示が行われている国立博物館も見逃せません。ここは前回の旅行で日本語ツアーに参加しましたが、歩き疲れてまだ見ていない部分も多数。

 こうやって拾い上げていくと、BTSやMRT地区の延伸部分の観光も含めると、バンコクでも最低5日間ぐらいの観光ができそう。

 となると、次回はバンコク市街をのんびり観光というのもあり得るなと思っています。
 

 

第1374回 チェンマイハッピーツアーのオプショナルツアー

  埼玉では一晩中結構強い風が吹いていて、早くも台風の影響が出始めたのかなと思っていましたが、天気図を見ると西高東低の冬型となっていて単なる冬場の北風だったようです。

 ただ今後は台風19号の影響が間違いなく出てきそう。気象庁が発表した人工衛星からの画像を見ると、大型で猛烈な台風の言葉通り、雲が広範囲に広がっていて、その大きさは日本列島全体がすっぽり収まるぐらい。

 これが数日後に関東地方にやってくるのかと思うとさすがに若干の恐怖感を覚えます。当然ながら、台風が関東地方に接近すれば空港は大きな影響を受けるはず。

 そう思って「台風19号 成田空港」という検索語句で調べてみたら、ANA、JALはすでに手数料なしでチケットのキャンセルを受け付けているみたいです。(もしかしたら国際線は扱いが違うかもしれません)

 休みがこの時しか取れなかったという人にとってはまことに不運で気の毒ですが、明らかに台風の影響を大きく受けると分かっている今現在、早期の決断が必要かもしれません。

 ちなみに我が家の近くでも週末に予定されていたお祭りは早々と中止が決まったようです。というわけで、私もこの三連休は自宅でじっと被害が生じないように祈りながら過ごすことになりそうだなと思っています。

タイランドハイパーリンクス

 この三連休は上に書いたように、航空路線が大きく台風の影響を受けることになりそうですが、タイでは10/13がオーグパンサー(出安居)だという事で、アルコール類の販売は禁止だそうです。
 
 台風の中、何とかタイにたどりついて、「やれやれ夜遊びだ」と思っても、店はクローズしている可能性もありそう。もちろん営業している店もあると思いますが、アルコールは原則として飲めないので、いつものように楽しむことは難しそうです。
 
 さて次回のタイ旅行ですが、北部に行くならチェンマイ。ただ次回は日程の関係でチェンマイに行っても3泊程度になりそう。だとすると1日自由になるのは2日間のみで、それをどう活用するか悩んでいます。

 次回は出来ればオプショナルツアーを使ってみようかなと思っているのですが、一人旅だとどうしても日程調整が難しかったり、割高になりますね。

 まあその分自由度が高くなると思われますが、いろいろネットを検索して、「チェンマイ・ハッピーツアー」という会社の存在を知り、どんなツアーがあるのか調べています。

 プライベートツアーという項目を見るといろいろなツアーが紹介されていて、ちょっと興味を感じたのが「ウィアンクムカーム」という遺跡ツアー。

 ここは以前洪水で水没していたのを偶然発見された遺跡という事で、ラーンナータイ王国の最初の都だったようです。ただ遺跡間の距離が離れているため、馬車を使って移動というのが面白そう。

 地図を見るとチェンマイ市街からそれほど離れているわけでもなさそう。距離的には旧市街から4~5kmぐらい?だったらタクシーを使って自力でも行けそうだなと思いますので、場合によっては自力でもいいかも。

 その場合往復の交通費馬車料金は600~700Bぐらい?さらにツアーではピン川クルーズやカオソーイの昼食というのも含まれていて、これらの合計料金が一人2500Bぐらい。

 要するに一人で行く場合の倍の値段?。だとすればちょっと安いかもと思わないでもないですが、もしかするとツアー代には馬車料金が含まれていないのかも。

 ツアーの良いところは、行く場所について、あれこれ自分で悩む必要がないことですが、反面折角行ったのに、行った場所の記憶が自力で行くより薄くなるという欠点があります。

 さてどうするか?この辺りもゆっくり楽しみながら悩んで決めたいと思っています。