一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第801回

 newsclip.beより

 インドネシアのジャカルタで、高校生がその知識を競う「第48回国際物理オリンピック」が開催され、タイからの参加者が金メダル2個、銀メダルを3個獲得したそうです。参加国は88か国395人だそうで、日本チームはタイと同じく金2銀3だったそうです。

 これだけでは何とも言えませんが、タイの教育水準はどんどん高くなっているような気もします。経済的な発展では、タイは日本に後れを取っているような気もしますが、学習意欲という点では日本のほうが遅れをとっているような気もします。

 ちなみに数学オリンピックではタイは金3、銀2、銅1だそうで、国別では7位。日本は6位だそうです。

 さてタイに行って観光の次に何をするか?飛行機に乗るとき、他人の荷物が見えることがありますが、やはりゴルフをしに出掛ける人は多いみたいです。

 ターンテーブルに大きなゴルフバッグを乗せているのですぐに分かります。だいたいグループ行動が多いようで、一人の人は少ないです。

 ハワイに向かうと、サーフボードを持ち込む人もいますが、タイの路線では見たことないです。しかしネットで調べてみると、大きな波は立たないものの、サ-フィンができるビーチもプーケット方面にあるようです。

 要するに現地の人もあまりやらないので、メジャーな遊びになっていないということでしょうか。またサーフィンと同様ですが、シュノーケルやダイビングスポットも、やはりプーケット周辺に多いようです。

 しかしこういった遊びは南のプーケットやクラビー方面に限られるようで、バンコク市街をうろつく私のような旅行者には、せいぜいがゴルフでしょうか。(ただし私はゴルフはやりません)

 では例えば乗馬なんかはどうだろうか?と考えてネットで調べてみたら、軍の施設で乗馬教室をやっているというような記述が見つかりました。

 探せばいろいろあるもんですね。私も実は馬ではありませんが、楽器を演奏するので、その練習場所がないかなと市街のスタジオを探したことがあるのですが、どうやらそういった貸しスタジオはほとんどないようです。

 続いて釣り。これはオプショナルツアーでいろいろあるみたいです。ただ海まで行くのに時間がかかるので、バンコク市街に宿泊しながら釣りを楽しむというのはかなり難しそう。

 ただ一部のツアーではナマズ釣りみたいなものもあるようです。とはいうものの、バンコクの日差しや気温を考えると、よほど好きでないと「よしやるか!」という気にはなれないような気がします。

 その意味では、やはりいろいろな旅行代理店が主催するツアーに参加するのが一番ですね。オプショナルツアーだと、現地ではパンダバスウェンディツアーが有名ですが、パタヤにはHISの支店もありました。 
 




第800回 次のバンコク行きは、早くても9月以降

 記念すべき?800回となりました。続くかなと思ったのですが、何とか細々と書き続けています。ただ最近はタイに行っていないので、必然的に過去の話題やニュ-スネタが多くなり、自分自身書いていて面白くないなと思うことが結構あります。

 たまたまこのブログを検索で見つけて読んだ人には申し訳ないなと思っているのですが、昨年夏にクモ膜下出血という大病を経験し、手術、数か月の入院を経て、昨年11月に退院ということで勘弁です。

 それでも退院後は、何とか実生活にカムバックしました。とはいうものの、病気や手術に伴う後遺症というか高次脳機能障害として、若干のふらつきや味覚異常等が残っていて、目下これを少しでも軽減すべく運動やリハビリに努めて、すでに1年近くが経過しています。

 まあ現段階でも旅行に行っていけないことはないと思っていますが、現地に到着後ふらつきが悪化したり、そもそも飛行機に乗れるのかという部分で不安も感じるので、まだ様子を見ています。

 今後の予定としては、8月初めに車で4~5泊の国内旅行に行き、体調の確認。8月下旬か9月に飛行機で北海道もしくは九州、沖縄あたりに行けたらなあと思っています。

 そうやって少しずつ旅行の領域を拡張しながら、先ず第一目標はバンコク滞在です。昨年までは、「行くぞ!」と決めたらすぐに行動に移せたのですが、そんなわけで今年は目標に向かってじわりじわりと進んでいるという段階です。

 8月の終わりごろ、手術1年後の検査があるので、この時に症状が悪化していなければ、また少し目標に近づくなと思っています。

 というわけで、次にバンコクに行けるのはどんなに早くても9月以降。場合によってはバンコク同様に好きなハワイにも行きたいので、さらにその先になる可能性もあります。

 ただ、「行けない」ということが分かっているだけに、なおさらバンコク市街のあのレストランに行ってみたいとか、BTSのあの駅周辺をふらふら歩きまわってみたいとか、なじみになった子がいるパッポンのゴーゴーに何とか顔を出したいとか、こうした期待が毎日頭の中を交錯しています。

 加齢に伴って体力が衰えると旅行に行く元気や気力もなくなるということは、50代のころ何となく予想していましたが、60過ぎて、思ってもみない病気になることまでは考慮していませんでした。

 ということは、以前から思っていたように、「行けるときに行かないと行く機会を永遠に失う」という年齢がすぐそこまで近づいたということなのかなと思います。

 何も無理やり海外旅行に行くこともないのではという気がしますが、だとすると何のために80、90まで生き続けるのかという人生の目標すら失ってしまうような気もします。

 というわけで、今はともかく旅行資金をため込む時期なのだと自分に言い聞かせています。