FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1340回 国立博物館日本語ボランティアツアー、夜はバダビンへ

  バンコクチェンマイ旅行の8日目。いよいよ明日が帰国。ところが台風11号が台湾に接近中で、桃園空港での乗り換えるころ台湾南部に上陸しそう。ここまで台風の影響を受けそうだなと感じたのは初めての経験なので、ちょっと心配しています。

 昨日は6時半起床。このホテルのベッドは相性が良いのかよく眠れます。慣れ親しんだホテルだからかもしれません。朝食を食べ、8時半ごろ向かったのが国立博物館。

 ホテルからタクシーで行きましたが100B弱でした。9時ごろ到着して、入り口を入った左側の受付で入館料200Bを支払って、受付のおばちゃんに、「ジャパニーズツアーは何処で待つの?」と聞いたら、「この横で待てばいいですよ」と言われました。

 到着したのが9時ごろで、事前の調査で毎週水曜と木曜の朝9時半から、在住者によるボランティアのツアーが行われていることを調べてありました。

 というわけで、事前にちょっと周辺を散策。9時20分ごろ戻ってくると、日本語ツアーと書かれた白い紙をもった方が立っていて、この方に参加を申告。
 
 9時半ちょうどにツアー開始。参加者は10名弱。それを二つのグループに分けた小規模ツアーでした。最初が博物館正面の大きな建物で、壁画を使ったお釈迦様の一生の説明。あたりではフランス語のツアーも同時に行われていて、進行がほぼ同時。

 しかしフランス語ツアーのほうは1グループが15名程度で、かなり規模が大きい。説明も大変そうでした。我々の方は4名でしたので、動きは軽快?

 最初にご本尊を拝んで、壁画の説明。私は仏教やお釈迦様に関する知識はほとんどないに等しかったのですが、ずいぶん勉強になりました。

 ちなみに説明を聞いて分かったのは、お釈迦様というのは、最初は結構恵まれた環境で育てられたお坊ちゃんだったんですね。その人が、庶民の暮らしを見てできることを考えて悟りを開いたということのようです。

 というわけで、その後も展示物の説明がひたすら行われ、正直1回の説明ではとても把握しきれません。要所要所で撮影もしましたが、フラッシュ不可で、暗い場所も多いので、通常のスマホ等では光量不足となりそうです。

 というわけで、説明をしてくれた方は3名で、交代で2時間ちょっとのツアーとなり、これが無料ですから実にありがたい。最後に詳しい説明が書かれた雑誌の紹介をしてくれたので、チケットブースの横の販売所で購入。600Bでした。

 さらにすぐそばのカフェでレモンジュースを飲んで一息。そこからタクシーでホテルに戻り昼寝。起きてこのブログを更新して、向かったのがターミナル21。

 Tim Ho Wanという点心の店で卵のお粥100Bで遅い昼食。有名な店ですが、味も良かったです。時刻は5時ぐらいで、空を見上げたら怪しい雲行きだったので再びいったんホテルへ。

 しかしルンピニ駅に着いた頃には土砂降り。駅で30分ほど雨宿りをして、小雨になったころ部屋へ。それで寝てしまっても良かったのですが、やはりちょっと夜遊びをしたい。

 8時過ぎにパッポンへ。夕食場所を探したのですが、見つからず。面倒になって「バダビン」へ。席に座った瞬間、目が合って手を振ってくる子が数名。

 その中の一人とスマホのグーグル翻訳を使ってちょっと会話。どうやら3月ごろやはり店がいったんクローズして新しくなったようです。というわけでスタッフも一新。

 ここのところキングキャッスル1ばかりだったのですが、バダビンは結構印象が良かったです。1時間半ほど楽しんでホテルに戻る途中のコンビニでちょっと夜食を買って、それが夕食となりました。

 

 

第1339回 チェンマイからバンコクに戻ってきました

  バンコクチェンマイ旅行の7日目の昼過ぎです。昨日チェンマイからバンコクに戻ってきました。昨日の朝は6時前に起床。7時半ごろフロントに出向いて、「8時にタクシーを呼んでほしい」とフロントにいた男性に依頼。

 7時ごろ朝食。ところがこの日は「前日から宿泊しているお客さんが5人しかいない」とのことで、いつも用意されているビュッフェのようなおかずが用意されていません。

 どうするのかなと思っていたら、お兄ちゃんが紙を持ってきてくれ、そこに朝食特別メニューが5~6種類並んでいて、そこにチェックをつけて選ぶ形式になっていました。

 というわけで、オムレツとソーセージ、コーヒーにヌードルというのを選んだのですが、どうやらこのヌードルが「カオソーイ」だったようです。

 おいしく食べましたが、満腹になって食べきれず。お兄ちゃんに「多すぎて食べきれません。ごめんなさい」と伝えて朝食終了。連日のウォーキングで、疲れすぎて胃の具合もいまいちになっている感じです。

 部屋で休憩後、最後まで忘れ物のチェックをして8時にチェックアウト。しばらくするとタクシーというか、民間の乗用車(グラブタクシー?)が到着。空港まで175Bでした。

 国内線のエントランスにつけてもらい、まずは入り口でX線検査。カウンターでチェックイン。座席は中央4列の通路側でした。スーツケースを預けて身軽になって空港内部へ。
 
 再度手荷物検査があり、出発ゲートに出ると、大きな体育館のような待合所に到着。しかし到着したのは8時半。離陸予定時間は10時40分で、いささか早すぎました。

 しょうがないので、ブログを書いたり、あらかじめインストールしてあった将棋ソフトで遊んだりして時間をつぶします。ところが搭乗時間を過ぎても、なかなか搭乗が始まりません。

 結局15分ほど過ぎた10時35分ぐらいに搭乗開始。実際に離陸したのも15分遅れの10時55分ぐらい。到着予定は11時50分でしたが、11時55分に着陸。

 ここからは国内線で手荷物検査がない分早いですね。スーツケースも割と早く出てきたので、試しにすぐ近くのリムジンカウンターで料金を聞いてみると1050Bということでした。

 本当はARLを使う予定だったのですが、昼頃なら道も空いているだろうと思い通常のタクシーに乗車。予感は的中して、渋滞もなく、約30分で「エータスルンピに」に到着。

 チェックインして案内されたのが19階の部屋。スタッフがかなり入れ替わっていました。ちなみにタクシーは空港使用料、高速代を含めて380Bぐらいでした。

 部屋で休憩(昼寝)後、まだ時間があったので、再度マハナコンに行ってみましたが、大混雑で断念。そのままシーロムに戻って、お気に入り?の「寿司田」で海セットという300Bぐらいの握りずしを食べましたが、やはり旨い。

 その後7時半ころちょっとキングキャッスル1に行きました。しかし疲れを強く感じたのでオレンジジュースを飲んでホテルへ。そのまま風呂に入って倒れこむようにベッドへ。

 バンコクに通い始めた50代のころに比べて、旅行の疲れが日々たまっていくのをはっきり感じるようになりました。


 

第1338回 ワット・パンパオ、ワット・チェンマン、民俗資料館

  おはようございます。チェンマイ・バンコク旅行の6日目の早朝6時です。今日はこの後チェンマイ空港に行って、そこからバンコクに戻ります。

 しかし今回の旅行はチェンマイ市街をひたすら歩きまわる旅行となりましたので、やたら疲れました。昨日は6時半に起きて、7時過ぎに朝食。

 朝食後早速市内観光へ。ホテルのお姉さんに、旧市街北東にある「ワット・パンパオ」というお寺までタクシーを依頼。グラブタクシーだと思うのですが、ソンテウではなく、通常のタクシーが来て61B。

 距離的には1.5kmぐらいですから、かなり高い?とはいえ便利なことは間違いないし、到着したタクシーはかなりきれいでした。

 ワットパンパオは建物の形が独特(ミャンマーの人たちが建設)。しかし境内にはなぜか小学校が併設されているようで、ちょうど朝の清掃時間だったようです。

 ちなみに街を歩いていると、結構学校を見かけることが多かったのですが、校庭と思われるところに古い仏塔があったりして「へえ~、さすがチェンマイだ」と妙なところで感動。

 ワット・パンパオから、ちょっと旧市街内に向かって歩き、次にたどり着いたのがワットチェンマン。格式のある立派なお寺でした。

 しかしチェンマイ観光でいくつもお寺を見てきたせいか、立派なお寺だとは思いましたが、感動がどんどん薄れていきます。一通り見て回り、そこから歩いて旧市街中央付近にある「民俗博物館」へ。

 なかは、いくつもの展示室があり、チェンマイの人たちの生活様式が良く分かるような展示物が多数。ただお客さんは少ない。のんびり見て回って、見学時間は1時間ぐらい。

 「ちょっと休憩だ」と思って、すぐ近くにあった感じの良さそうな「テラス」というカフェでコーヒーブレーク。しかし何だか水っぽいコーヒーでおいしくなくがっかり。

 目の前の通りでソンテウを捕まえて「ワローロット市場」と告げると「OK」。料金は20B。このあたりのやり取りは、パタヤでソンテウを利用するときの経験が生きています。

 しかしワローロット市場はとんでもなく広くて、1階を歩いただけでめげました。コーヒーとお茶のセットをお土産に買って終了。

 再び周辺の道路から、ソンテウに乗ってターペー門まで戻り、衝撃的な味に感動した「ブルーヌードル」という麺類専門店へ。しかしこの日はごく普通の味に感じられました。日によってつゆの味が少し変わるのでしょうか?

 そこからいったん歩いてホテルに戻り昼寝。起きて「観光はもう最後だな」と思って、再び歩いて旧市街中央付近へ。途中の「Thaam Cafe]という店で、柄にもなくチョコレートケーキとカプチーノ。

 さらにすぐ近くの「ワットチェディルアン」を再度見学。半分崩れた仏塔の威容をじっくり堪能して見学をすべて終了。しかし歩き疲れて、ホテルに戻ったら夕食に出る元気がなくなり、チェンマイ最後の夕食は抜きで9時ごろ就寝です。