FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1292回 相変わらず高額請求をするタクシーが存在するようです

  20日の木曜日午後から3泊4日の短期入院をしていました。理由は男性諸氏にも経験者がいるかもしれませんが、鼠径部ヘルニアという病気です。

 病気と言っても、ウイルスの感染というような内科的なものではなく、筋肉の隙間から腹膜が出て来てしまうというもので、これが悪化すると腸閉塞等になるそうです。

 問題はこれを運動や服薬で治す方法はなく、腹膜と筋肉の間にメッシュという膜を挟み込むような手術が必要ということです。

 というわけで木曜入院、金曜手術、土曜は休養して昨日午前中に帰宅。手術は一応問題なく終了しましたが、当然下腹部を切開していますから、今も痛みは継続。

 まあそれでも痛みを我慢すれば家の中を歩き回る程度に回復しています。一か月もすれば痛みもなくなり、完全復活できると信じていますので、さらに一か月ぐらい様子を見て、次回のバンコク旅行は8月下旬かなと考えています。

タイランドハイパーリンクスより

 韓国のホテルオーナーがタイ人予約客に人種差別発言をしたようですね。予約したのはタイ人女性で、予約後クレジットカードをたまたま紛失。

 そのため予約の決済ができなかったようで、その際のホテル側とのやり取りの中でホテル側オーナーから「貧しい人々、貧しい生活」という本来予約とは関係ない言葉があったようで、これが問題視。

 まあホテル側でも過去に嫌な経験があったのかもしれませんが、こういった意識を持ったオーナーが運営するホテルには私も宿泊したくないです。

 とはいえ、今でもタイの水商売関係の掲示板とかを見ると、日本人の中にも「貧しい」という経済環境だけで、働いている女性たちをさげすむような発言も見られ、「嫌だなあ」とは感じています。

 空港からタクシーを使ってカオサンまで移動したイギリス人男性が、運賃3985Bを請求されたという記事が出ています。普通なら渋滞に巻き込まれても400Bぐらいではと思われます。

 しかし初めてバンコクに行った人はそういった距離感や運賃の相場を知りませんから、初心者とみられるとこういう悪徳タクシーに遭遇する確率も上がるような気がします。

 リピーターの方はそれをどのように避けているのかということも気になるのですが、私自身は、空港で渡されたタクシーチケットは運転手には渡さない、ホテル名やホテルが建っている通り名をきちんと伝える、高速を使ったら料金所でさりげなく50B程度の現金を用意する、といったことには気を使っています。

 しかしこちらがいろいろ考えていても、悪徳タクシーが存在することは間違いなくあり、プチぼったくりには何回か遭っています。

 とはいえプチぼったくりなら被害額は100~200Bぐらい。まあ腹は立ちますが、それで暴力沙汰になるのも怖いので、ある部分泣き寝入りするしかありません。

 一方早朝の空港行きタクシーで、信号無視を繰り返すおっかないおじさん風のタクシーに乗車したこともあり、これはさすがに参りました。早朝で交通量が少ないのをよいことに赤信号を無視して徐行で交差点に進入。

 左右から車が来ないと見るや猛ダッシュ。おかげでいつもより早く空港につきましたが、5分や10分早くなったからと言って、その後の動きに影響が出るわけでもなく、ちょっと情けないですが、ただただ無事に到着することを祈っていました。


 

第1291回 航空会社ベスト100、JALが8月よりサーチャージを値上げ

 今日は朝からちょっと曇り空。週末は再び雨模様という予報が出ているようで、その兆候を伺わせます。

タイランドハイパーリンクスより

 イギリスのDKYTRAXという会社が毎年発表している「ワールド・ベストエアライン・2019」を発表。1位がカタール航空で2位がシンガポール航空。シンガポール航空は1位から転落です。

 そして3位がANA。4位がキャセイパシフィック、5位エミレーツとなっています。そして10位にタイ国際航空ということで、ざっと見て中東、アジア系の航空会社が目立ちます。

 さらに元々のSKYTRAXのページでランキングを見たら、ベスト100が表示されていました。そこには11位がJALと表示されていました。昨年は13位だったそうで2ランクアップです。

 その先のタイ旅行関連航空会社を見ていくと17位がバンコクエアウェイズ、20位がエアアジア、34位がチャイナエアライン、48位エアアジアX、64位スクートとなっています。

newsclip.beより

 JALが8月発券のチケットからサーチャージを値上げするそうです。タイ便の場合は現在の片道4500円が6500円となるようで、往復4千円の値上がり。7月まではまだ安いので、チケット確保は7月中に決定した方が良さそうです。

 さてタイの歴史を調べていたら、タイの始まりは北方からという記述を発見。そこからの歴史の流れは何となくわかりましたが、ではその北方に移住してきた人はどこから来たのか?と考えるようになり、ネットや書籍で調査。

 すると中国南部やビルマ方面からやってきたということも分かりました。というわけで、ではその中国南部やビルマの人たちはどこからということを調べたら、そもそも人類はアフリカで生まれ、それが東方に拡散。

 その際インドの北方にあるヒマラヤ山脈の北側もしくは南側を移動し、北側は中国南部へ、南側は東南アジアのミャンマー、マレーシアあたりに到達したということのようです。

 しかしこういった移動を考えるときは、私は最初山や川という地形ばかりを見ていたのですが、どうやら気象条件の変化も大きかったようですね。

 つまり地球が暖かくなったり寒くなったりということを繰り返し、その気候の変化によって人類が移動したという要素もあったみたいです。

 その観点で考えると、まだ調べていませんがタイという国の北部の山岳地帯は今よりも暖かく、暮らしやすかったため中国側から移動してきた人がいたということなのかもしれません。

 またそういった暖かい時代なら、南部の今の平野部は、水が多くジャングルのような地域でとても暮らせたもんではなかったのではという気もします。