FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1473回 バンコク旅行の代わりに古墳見学

 埼玉県は深夜に少し雨が降ったようで、明け方はちょっと冷え込んだものの、起きたらすでに青空が広がっていました。今日は昨日より風も少ないようで、穏やかな天気になりそうです。

 タイの寺院を調べているうちに、タイという国が成立した歴史に興味を持ち、歴史の中でタイという国に流れ込んできた人はどこからやってきたんだろうか?ということにまで関心が広がりました。

 中学や高校時代から日本史や世界史の勉強は大嫌いで、「そんな昔のことを勉強してどうするんだ」と思っているうちに大人になってしまった私ですが、どうやら60歳を越えるとこういった過去の歴史やご先祖様について考える機会も増えるようです。

 てなわけで、ここ1~2年のバンコク旅行は、再び寺院見学に精を出し、昨年は念願だったチェンマイ旅行も実現。今年はもう1回チェンマイまで行きたいなと思っているのですが、ご存じのように新型コロナウイルスの感染が心配。
 
 てなわけで、今年前半の旅行は自粛?一方で、タイの歴史が面白く感じるなら、日本はどうなんだ?と考えるようになり、改めて日本史を振り返ってみると、縄文時代、弥生時代、古墳時代?という歴史的区分けについては知っていましたが、その内容はほとんど記憶にない!

 さらに身近な話題として元号が変わり、新しい天皇が即位。その際に行われた様々な儀式はことごとく神に関する儀式に見え、そういえば、天皇という存在はどのように生まれたんだ?と考えたら、そのことについて全く知識がないことに愕然。
 
 本屋さんや図書館に行って古代の日本史みたいな部分を見ると、最初は神話、そして古事記、日本書紀の記述という流れになっていることは分かったものの、天皇家というのも、最初の10代ぐらいまでは、なんかあやふやな部分も多いという事が分かりました。
 
 「へえ~そうなんだ」と今更ながら自分の無知を知りましたが、同時にこの頃古墳が作られたという記述も発見。古墳と言えば、埼玉ならさきたま古墳群が有名で、私もウォーキングを兼ねて数回訪問していますが、最初の印象はただのでかい小山。

 いっぽう他に古墳はないのか?と調べてみると、なんと我が家から歩いて行ける神社の社殿が古墳の上に建てられていることが分かってびっくり。

 そこで改めて我が家周辺の中小の古墳の存在をネットで調べてみたら、想像以上に多いことが分かり、このところ天気が良くて暇があると、そういった古墳めぐりを楽しんでいます。

 こういった古墳は、人が賑わう観光地からもはずれているので、新型コロナウイルスの感染確率も必然的に低くなると判断しています。

 というわけで、今日も天気が良さそうなので、午後は熊谷方面の古墳見学に出かける予定。ちなみに日本の古墳時代は300~700年ぐらいのようですが、この年代にタイでは多数の仏塔が建てられていたようです。

 その意味では、個人的な感想ですが、なにやら同じ時期に大規模なお墓づくりが行われていたように見え、なんか不思議だなと思うようになってきました。

 画像は熊谷近辺にある「塩古墳群」と呼ばれるところですが、三つの古墳が並んでいます。こういった古墳が付近に20以上あるようで、見た目だけで私も10以上の古墳を確認することができました。

塩古墳群  

 

第1472回 新型コロナウイルスで夜遊び客も激減?

 久しぶりに冬の寒さが少し踊ってきた朝です。ただ空は晴れていて気持ちがいいです。ところがどうやら大気中には多数の花粉が飛散しているようで、ちょっと外に出ると、途端に鼻がむずむずしてきます。

 花粉症の息子は「目が見えない!」と叫びながら出勤して行きましたが、かなりつらそう。鼻がつまるので呼吸も苦しいと言っていました。

 一方大気中には、新型コロナウイルスや通常のインフルエンザウイルスも浮遊しているはず。ウイルスについては空気中での生存期間はそれほど長くないように思っていますが、だとするとクルーズ船の爆発的な感染者の拡大が説明できません。

 後日、どういった部屋からどのように感染が拡大していったのかという事も、週刊誌あたりが報道するような気もしますが、一般的なニュースで示される感染率よりも、本当はもっと高いのではという印象を受けます。

 まあ誰もが免疫を持っていない新型というわけですから、誰もが感染しやすいというか、誰もが感染しても免疫系の防御体制が整っていないという事で、発症しやすいということでしょうか?

 しかし中には感染しても症状が現れない人もいるという事で、こういった方たちの体調について、もう少し詳しい情報が欲しいなと思っています。

 今日のバンコクの大気汚染状況は、見るも無残なほど大幅悪化。バンコク市街及び周辺部、さらにシラチャーやラヨ~ン方面も軒並み120~180という数値が並んでいます。

 チェンマイ方面も100~160ぐらい。「こりゃ厳しいや」というのが一目瞭然です。

タイランドハイパーリンクスより
 
 BNK48のナンナパット・ルートナームチュートサクンという方が主演の美少女ホラー映画「ストレンジ・シスターズ」の紹介記事が出ています。

 予告編もリンクされていたので少し見てみましたが、確かにおっかなそう。私はSF映画が好きで、スターウォーズやスタートレックッシリーズは公開されると必ず見に行くのですが、ホラー映画はどうも苦手。

 日本でも3月6日から公開されるようですが、映画館は密室だよなと考えると、これまた出足が鈍る要因の一つになりそうです。

 一方バンコクでは一時期マスク着用率が上昇して、8割の人がマスクをしていた時期もあったようですが、ここのところ感染拡大は抑えられているという安心感が広がったのか、着用率は2割程度に減少という記事が出ています。

 記事ではソイカーボーイの例が書かれていますが、特にゴーゴーは密室度が高そう。ましてや若い女性との密着度も求めようとすると、まさに濃厚接触?

 そんな時、どちらかが感染中だとしたらと考えると、迂闊に夜遊びも出来ない。しかもこういった歓楽街でマスクをしていたら、それだけで避けられそう。

 というわけで、夜遊びもなかなか悩ましい問題になりそうです。


 

第1471回 3月バンコク旅行は諦めたけど・・・

 今日の埼玉は朝がた少し冷え込みを感じました。その分天気は快晴。ちょっと出かけたくなる青空ですが、人の集まるところは避けた方が良いとか、不要不急の外出は避けよと言われると、気持ちが萎えます。

 一方バンコク及び近郊の大気汚染は、やはり昨日より悪化。120~160ぐらい。逆にチェンマイは少し良くなったようですが、その数値は100~160と、気管支には良くなさそうなレベルです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイ保健省は中国に加えて、感染者数が多い日本とシンガポールからの旅行者全員にスクリーニング検査を実施するようです。症状の有無にかかわらずという事ですから、イミグレ通過に時間がかかるかも。

 またその際、発熱が確認された場合は14日間の隔離生活となりますから、自覚症状のない人でも感染が分かれば隔離されることになりそう。

 しかし隔離されてしまったら、当然仕事も観光もできないということになるわけで、渡航前の自分自身の体調管理は、いつも以上に気をつけないといけないようです。

 またタイ国内向けには、感染者が増加している国への旅行は延期することを推奨しているようですから、日本も含めて、タイ人観光客が多かった地域は、大きな影響を受けそうです。

アジアトラベルノートより

 チャオプラヤ川を走り回っているチャオプラヤエクスプレスに、新しく4隻のカタマラン(双胴船)が加わるみたいです。掲載された画像を見ると、結構格好良い。

 1階がエアコン席、2階がオープン席という事ですが、そうなると2階は暑そう。とはいえ、たまには海面から少し高くなったところから周囲を見てみたいという気もします。

 ただし、新型コロナウイルスの現状を考えると、実際にバンコクに行って乗船できるのはまだまだ先になりそう。

 一方で誘惑にちょっと負けて4月のホテル料金をagodaで調べてみたら、やはりお客さんが減少しているのか値引きの割合がいつもより多くなっているような気がしました。

 まあ4月、5月の天気はバンコクでは暑気と言われ、やたら暑くなり、雨も多くなります。(と言っても激しい夕立で、1日中降ることは稀)

 しかしそういった影響なのか旅行客は、ゴールデンウイーク期間を除いて、他の時期よりも少ないという話も聞いています。そう考えると、「やっぱり行きたいよなあ~」というため息が思わず出ます。